実家の母が魚をお取り寄せしたらしい

私が実家に帰省すると決まると張り切ってしまう母。
一緒に住んでいた頃は家族みんなの食事を毎日のように作ってくれていましたが、今は夫婦だけの食事作りで少し物足りない気持ちがあるようです。
今週末に半年振りに帰省するのですが、その理由はある日突然送られて来た写真がきっかけでした。
母がこんな行動に出るほど私に会いたがっていたのかなと思うと、切ない気持ちと嬉しい気持ちが半々と複雑です。
とにかく実家に行かなくてはと思う出来事でした。

急に実家の母からでっかい魚の写真が送られてきた

それはほんの数日前のことでした。
最近母とは連絡を取り合っておらず、実家にも半年帰っていませんでした。
社会人にもなればそれは普通のことですよね。
ただ連絡くらいはしておけば良かったなとは思いました。
なんと、母からでっかい魚の写真が送られてきたのです。
最初は何のことか理解できず、母って釣りが趣味だったかな?とか、どこかで解体ショーでもやっていてそれを写したのかな?とか考えてしまいました。
でもどう見てもその魚は見覚えのあるテーブルの上に置かれていて、実家にあることは確実でした。
その直後に送られて来たメッセージには、「通販で魚をお取り寄せしたから食べに帰って来てね」と書かれていたのです。
なるほど、お取り寄せかと納得しつつ何故突然こんなものを取り寄せたんだと疑問でした。
しかも食べに来てくれということで、私の週末の予定はそれで決まってしまいました。
最近疲れてたから自宅でのんびりと思っていたのですが、そうも行かなくなりました。

今週末に帰省してお刺身を消費するのを手伝わなくちゃ!

とりあえず実家には帰るけれど何でこんな大きな魚を買ったのかと聞いてみると、新鮮なカンパチの刺し身が食べたくてネットで調べたら丸ごと売っていたから買ったはいいが夫婦だけでは食べ切れないからと何とも勝手な理由でした。
でもきっと、最近音沙汰のなかった私に対して母は寂しく思っていたのかもしれないなと考え、文句は言わずに素直に帰省してお刺身の消費を手伝うことにしました。
昔から母は魚を捌くのが上手くてよく小さめの魚なら自分で捌いてお刺身にしていたのを思い出し、懐かしくなりました。
実家を出てそれなりに月日が経ちましたが、こうやってたまに親の方から呼び出してご馳走してくれるのって有難いですよね。
それだけ大切に思われているんだなと感じたり、自分ももっと両親のことを気に掛けてあげなければいけないなと反省します。
果たして3人であのでっかい魚を消費できるのかは疑問ですが、ちゃんと帰って少しは親孝行して来ようと思います。

簿記の勉強を始めたけど手形割引がサッパリ

企業の会計部門に勤務している友人に聞いたのですが、現在ロシアでは経済学部の人気が高く、国立大学の会計コースは非常に狭き門となっていると言うことです。
私もキャリアアップのために資格を取らなくてはと考えていて、会計に関する資格に挑戦しようと考えるようになりました。
ロシア国内の会計制度は、国際会計基準と細かい所で違いがあると言われています。
日本企業と現地法人の間で仲立ちができれば良いなと思っていて、どれを選ぼうか迷ってしまいました。

何か資格を!と思い立ち簿記に手を出す

何の会計関連の資格に挑戦しようか迷っていたところ、友人から最初はまず簿記の勉強をすべきだとアドバイスを受けました。
最初に日本の簿記を受けてそれから税理士や公認会計士を取得してから他国の会計関連の資格に手を出した方がいいとのこと、道はとても険しく長いです。
簿記は3級から勉強した方が良いと言われ、3級に準拠したテキストと問題集を購入しました。
独学でできるかと高をくくっていましたが、とても難しいです。
まず借方と貸方という意味がよく分からない。
勘定科目という言葉も、現金や預金と費用や売上に関する言葉は分かります。
しかし、仕訳をしようとしても相手科目が良く分からないですし、資産や負債と純資産のグループで貸借対照表が構成されると書かれていてもちんぷんかんぷんです。
直接入金や支払いをされた時に売上や仕入と仕訳すれば簡単なのではと思いましたが、日本の簿記は発生主義なので、取引があった時点で売掛金や買掛金と仕訳して記入しなくてはいけないということです。
友人にそのようなことでつまずいていると勉強が進まないので、独学はやめた方がいいと言われました。
最寄り駅に近い学校に通うことにしました。

手形割引の仕訳がしっくりこない

簿記の講座に通うことになってから1ヶ月が経とうとしています。
先生の講義は分かりやすく、アドバイス通りに通って良かったと思っています。
しかし、入金や出金の相手科目が現金や預金の頃は分かりやすかったのですが、だんだん難しくなっています。
現在頭を悩ましているのは、手形割引の仕訳です。
手形割引は、売掛金の回収で現金の代わりに支払われた受取手形を、相手がお金を支払う期日よりも前に金融機関に持ち込んで現金を入手することです。
早期に受け取るので、満期までの金額から手数料として割引料を支払う必要があります。
借方に残っている受取手形を逆仕訳して、貸方に書き入れます。
受け取ったお金は預金に振り込まれるので、借方に記入します。
その際割引料の分を差し引いて入金されるので、差額の割引料を手形売却損として書き入れます。
早く受け取るだけなのに手数料がかかるのは納得いかないですが、簿記の決まりであれば仕方ありません。
仕入の際に受取手形を支払いに使った場合は裏書手形になるので、そのまま買掛金と受取手形とを逆仕訳にするだけです。
このようにシンプルな仕訳なら納得しやすいでしょう。

目黒で整体を受けロシア料理を食す旅

体がだるい感じがあり、整体に通うようになりました。
今までは整体がどれだけ効果があるのか疑問に思う部分もあったのですが、いざ通ってみると調子がよく体の歪みを整えるということが非常に重要な意味を持つということがわかったのです。
調子が良くなるので施術を受けに行くのが楽しみの一つになっているのですが、それに加えてロシア料理を食してくるのがとても楽しいです。
ロシアは文学から食事まで、とても素晴らしい国だということを改めて実感します。

整体を受けるのは食前か食後か

最近目黒の整体に通うようになったのですが、ついでにロシア料理も食してくるようになりました。
なかなかロシア料理を楽しむことができる場所というのは少ないので、大きな楽しみの一つになっているのですが、ふと思ったのが整体を受けるのは食前と食後どちらが良いのかということです。
お腹いっぱいの状態で受けるのはなんとなく体の負担になりそうな感じがありますし、かと言って食前だとお腹が減ってしまって料理のことで頭が一杯になってしまいます。
整体も体の調子が良くなったという実感があるのでこちらも満喫をしたい部分があって、どちらを取るのかいつも悩んでしまいます。
常識的に考えれば整体を受けるのであれば食前にしておいたほうが良いわけで、できるかぎり食前に施術を受けるようにはしています。
それでも時間の都合によって食後になってしまうこともあるので、あまり神経質に考えすぎないようにして、どちらも楽しめるようにしていきたいとは思っています。

おススメHP
目黒にある整体「SAKIUTA」さん
目黒駅から徒歩2分、整体や鍼灸、交通事故の保険診療もやってます。

施術後は少し時間を空けてから食事をとりましょう

食前に受けるのがおそらく良いとは思っているのですが、施術後は少し時間をあけてから食事をした方がいいということを知りました。
施術は体の歪みを整えてもらうものですから、大きな負担がかかるわけではありませんが、やはり直後というのは食事を消化する態勢が整っていないということもあるようなので、少し時間を空けたほうが良いということだったのです。
逆に食事のあとに受けることになった場合も同様に、少し時間を空けてから受けたほうが良いということでした。
整体を受けると体に様々な変化があるわけで、消化にも影響があるのだなと思うとしっかりと効果があるものなのだなと妙なところで実感がわくものです。
また、食事というのは人間がエネルギーを確保するための行為であると同時に、エネルギーを使う行為でもあるのだなとしみじみ感じます。
整体を受けてロシア料理を食す束の間の旅をするだけでも、考えさせられることはたくさんあるもので楽しいです。