ロシアを愛し、本を愛し、ロシア文学に傾倒する40代のサラリーマンです。
幼い頃から読書が好きで、小説の蔵書数は、3つの本棚に入りきらない程度。国内外の小説をレビューしていきます。

しがない男性サラリーマンが、愛するロシアと、愛する書籍を語ります。

重厚で緻密、静謐で奥深い人物描写の小説を好んでいます。ロシア文学が好きです。
フョードル・ドストエフスキーの「罪と罰」「白痴」「カラマーゾフの兄弟」は、愛書ランキングの殿堂入りです。中でも青春時代から読み返し続けている、「罪と罰」を、ブログタイトルに引用しました。

ロシア文学好きが高じ、ロシアという国にも魅了されてしまいました。旧ソ連であった国や地域の文化にも興味があります。食文化や習慣、面白いニュースなど、徒然とご紹介していきます。

また、日本国内の書籍もレビューしていきます。たまに懐かしの曲なんかについても語るかもしれません。

愛するものを愛する分だけ語るブログです。おヒマな時間に、どうぞ、見ていってください。


浮上油回収装置で排水から汚れを除去

浮上油回収装置、という言葉をご存知でしょうか。 漢字の字面からなんとなくどういったものかは想像できるものの、「 …

コメントなし

行きつけのロシア料理を出す飲食店にコンサルティングが入った

偶然に手に取ったドストエフスキーの「罪と罰」に深い感銘を受けて、ロシア文学に興味を持つようになり、やがて国全体 …

コメントなし

絶景!私がウユニ塩湖ツアーをおすすめしたい理由

ロシアをこよなく愛している私が最も美しい湖だと思っているのがバイカル湖です。 別名を「シベリアの真珠」と呼び、 …

コメントなし

ロシアでも使われる日本製の粘度計

日本で暮らしていると日本製の製品は時刻のものということで当たり前の存在で、それがどれだけ特別なものなのかわから …

コメントなし

アンナ・カレーニナを読んで思う「男女問題」のこと

文学小説には男女問題をテーマにした作品も多く、ロシア文学を代表する作家の一人であるトルストイの「アンナ・カレー …

コメントなし

実家の母が魚をお取り寄せしたらしい

私が実家に帰省すると決まると張り切ってしまう母。 一緒に住んでいた頃は家族みんなの食事を毎日のように作ってくれ …

コメントなし

四街道のブランド買取店で見つけたロシア産のアーミージャケット

何も目的を持たずにショッピングをしている時など、思いも寄らぬ所で自分の好みの物を見つけたり、なんでこれがこんな …

コメントなし

町田の外構工事業者のインタビューで感動

家を建てる際に重視されるのは家の中身であり、その周りはあまり考えないと私自身そう思っています。 居住性や快適性 …

コメントなし

病児保育について記した書籍

病児保育というものがいかに大変なのかが分かる本を読みました。 何故その本を手に取ったのかはいまいち分かりません …

コメントなし

便秘解消にはケフィアヨーグルト

便秘になると肌荒れはもちろん、腹痛やおなかが膨張しているように感じたり、頭痛や胃痛、胃もたれなどが起きてしまう …

コメントなし

スパイ映画に出てくる防犯カメラ

昔のスパイ映画では、スパイが邸宅内に侵入してくると、悪の総帥が10数台壁面にずらっと並んだ白黒監視カメラの映像 …

コメントなし

ロシアの伐採屋は外国人労働者に頼り気味

ロシアをこよなく愛しているのですが、日本にはなかなか情報が入ってきづらいことに加え、大きな国だけにまだまだ知ら …

コメントなし

目黒で整体を受けロシア料理を食す旅

体がだるい感じがあり、整体に通うようになりました。 今までは整体がどれだけ効果があるのか疑問に思う部分もあった …

コメントなし

映像制作業者の友人がロシアに撮影に行ったとのことで

ロシアを愛する自分は周りの人がロシアに行ったとなると、現地はどのような場所だったのかつい聞いてしまいたくなりま …

コメントなし

簿記の勉強を始めたけど手形割引がサッパリ

企業の会計部門に勤務している友人に聞いたのですが、現在ロシアでは経済学部の人気が高く、国立大学の会計コースは非 …

コメントなし

文学的アプローチを絵画から試みます

私は東京の絵画教室に興味を持っている、一応は普通の社会人です。 文学にも執着していた時期がありますが、小説から …

コメントなし

木目込みの雛人形とマトリョーシカ人形

日本の代表的な人形に雛人形がありますが、その製法には木目込みというものもあります。 木目込みとは、桐の粉を糊を …

コメントなし

ロシアの水廻りトラブル事情

どこの国でも水道水漏れが発生するとそのままにして置かず修理をした方がよいです。 それは、水道代がかかるからとい …

コメントなし