映像制作業者の友人がロシアに撮影に行ったとのことで

ロシアを愛する自分は周りの人がロシアに行ったとなると、現地はどのような場所だったのかつい聞いてしまいたくなります。
映像制作を行っている友人がいるのですが、この友人は職業がら世界中を飛び回っているためよくいろいろな国の話を聞かせてもらっています。
今回は愛するロシアに行ったということで、いつも以上に楽しい話を聞くことができました。
話を聞いた限りでは過酷な大地ではありますが、それだけに余計に魅力がました思いです。

寒冷地での撮影の難しさ

ロシアは誰もが知っているように非常に寒い国なのですが、それだけに撮影をするにしてもかなり苦労をしたようです。
寒冷地での撮影自体は専門の業者ですから、経験がないわけではないのですが極寒の地となるとさすがに経験がなかったようでかなり撮影は難航したと教えてくれました。
スタッフが寒さで普段通りの動きができないということもあったのですが、息を吐いたり少しでも温かい物があると湯気がたってしまいますからそれが映像の邪魔になってしまいます。
更に寒すぎるということもあって機械が不調になったり、バッテリーがすぐに切れてしまったりとなかなか一筋縄ではいかない環境とのことでした。
かなり撮影には苦戦をしたようですがそれだけに取り終わったあとの達成感というのは大きく、心地よい疲労感を得られたと話してくれました。
聞いているだけで過酷さを感じさせられましたが、その一方でロシアの魅力が更に伝わるものだったためとてもいい話を聞くことができたと感じました。

おススメHP
動画の制作をプロに依頼するならBLESSにお任せ
ホームページや採用の場面で効果的に活用できます

苦労の甲斐有り素晴らしい映像が出来たそうです!

撮影が終わった時にはホッとしたとのことでしたが、出来上がった映像ができるまでは完全に息を抜くことはできませんから、どうにか良い映像が撮れていてほしいと友人は語っていました。
映像制作の難しいところというのは、その場で確認をすることができるにしても細かい部分はあとになってからでしか確認をすることができませんから、どのような出来になるのかあとになってから出ないとわからないという点にあるなと感じました。
特に今回のように厳しい条件で撮影をするような場合には、やり直しができるのも限りがありますからある意味一発勝負に近いところがあり、大変な苦労だと思いました。
ところがその甲斐あって素晴らしい映像ができたということで、友人は大変満足をしていました。
やはり、いい仕事ができるというのは嬉しいものですし、満足感のあるものですから聞いている自分も素晴らしい経験だなと共感できる話でした。
また、今回のことで友人がロシアに対して悪いイメージを持つことがなかったというのも、ロシア好きとしては良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です